京都まちあるきオープンデータソン2014 vol.1が行われました!

京都市まちあるきオープンデータソン2014 vol.1

みなさん!オープンデータは行政から、もらうものだと思っていませんか?
それはオープンデータの1つの側面でしかなくて、 オープンデータは、みんなで作ることもできるんですよ!
みなさんが見たこともある「wikipedia」もオープンデータの1つです。
また、オープンデータの地図である「OpenStreetMap(OSM)」もあります。
オープンデータを行政にばかり期待するのでなく、 地域の歴史や文化を学びながら、 みんなでオープンデータを作ってみませんか?

IMG_33882014年7月12日(土)10時-17時
2014年度 京都オープンデータ実践会では、
歴史的文化的資産あふれる京都の情報を まち歩きして、
みんなでオープンデータにするイベント
「京都まちあるきオープンデータソン2014 vol.1」
(「wikipediaタウン」+「OpenStreetMap(OSM)マッピングパーティー」) が、今、注目の京都市「岡崎」地域を対象にして行われました。

https://www.facebook.com/events/259217684201888/

全部38名の方にご参加いただきました。
みなさん、お疲れ様でした。

IMG_3365

**************************************************
京都まち歩きオープンデータソン2014 vol.1
日時:2014年7月12日(土)10時-17時
場所:みやこめっせ京都市勧業館 工芸実技室
住所:京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 http://www.miyakomesse.jp/access/
参加者:市民、自治体関係者、企業関係者、大学・教育機関関係者
定員:50名程度
参加費:会場費相当分につきまして、1人500円程度のカンパをお願いします。
主催:オープンデータ京都実践会

IMG_3363

**************************************************
【プログラム】
10:00~10:15 オープニング「なぜ今、岡崎なのか?」(全体説明 青木)
10:15~10:45「Wikipedia」の説明(MiyaMasaさんより)
10:45~11:15「OpenStreetMap」の説明(OSMFJ 西村先生より)
11:15~11:30 図書館司書のリファレンス業務の説明(京都府立図書館司書の方より)
11:30~12:00 見どころ説明(岡崎魅力づくり協議会の藤井さん)

12:00~14:00 班分け発表、お昼、現地調査

14:00~16:00 Wikipedia,OSM,に分かれて、講習(講師:wiki-MiyaMasaさん,
OSM山下さん)と作業
16:00~16:45 成果発表
16:45~16:50 クロージング(次回日程、テーマ )
**************************************************

IMG_3303
会場は「みやこめっせ京都市勧業館」で行われました。

IMG_3304

会場へ行ってびっくり!!
当日は別のホールで、大バーゲンセールがあったらしく、おばちゃんが長蛇の列をなしておられました。

IMG_3305

会場は工芸実技室。
地下でwifi電波が入らず、選定失敗でした。

IMG_3307

会場にはOSM関西さんの旗も掲げられており、なにやら怪しげな雰囲気!!

参加全38名にて、10時から、始まりました。

 

IMG_3311

10:00~10:15 オープニング「なぜ今、岡崎なのか?」(全体説明 青木)

会場の様子です。
https://theta360.com/s/L4p

10:15~10:45「Wikipedia」の説明(MiyaMasaさんより)

IMG_3314

IMG_3318 IMG_3317

10:45~11:15「OpenStreetMap」の説明(OSMFJ 西村先生より)
資料はこちら
http://t.co/ZIj0Zw6GbY
IMG_3324
IMG_3321 IMG_3323

11:15~11:30 図書館司書のリファレンス業務の説明(京都府立図書館司書の方より)
資料はこちら
http://www.slideshare.net/kumikokorezumi/ss-36895894

IMG_3327
11:30~12:00 岡崎の見どころ説明(岡崎魅力づくり協議会の藤井さん)
IMG_3330IMG_3341

12:00~14:00 班分け発表後、現地調査に出発!
IMG_3345

まず、参加者それぞれが、
現地調査・オープンデータソン作業を行う4つのグループに分かれました。
グループ1.大鳥居+台座+門柱
グループ2.仁王門通
グループ3.白川
グループ4.平安神宮
0712area
炎天下の中、調査中!

IMG_3350 IMG_3358 IMG_3351 IMG_3357

岡崎地域に残る謎の遺物を調査
IMG_3373

 

IMG_3379

 

14:00~16:00 Wikipedia,OSM,に分かれて講習と作業
IMG_3384 IMG_3385 IMG_3390 IMG_3391
今回も、2時間程度しかオープンデータ作成作業時間がなく、みんな、やり方がわかってきて、正にこれから本格作業!というところで、無情にも終了時間がきてしまいました。
2時間程度の作業時間でしたが、各グループ成果をあげることができました。

16:00~16:45 成果発表
IMG_3403 IMG_3410 IMG_3411 IMG_3418

****************************************************************************

2014/07/12(土)
京都市まちあるきオープンデータソン2014 vol.1
成果一覧

岡崎公園のwikipediaページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E5%85%AC%E5%9C%92_(%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82)

平安神宮大鳥居 (新規項目作成)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%B3%A5%E5%B1%85_(%E5%B9%B3%E5%AE%89%E7%A5%9E%E5%AE%AE)
竹中製麦所水車水路跡 (新規項目作成)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E4%B8%AD%E8%A3%BD%E9%BA%A6%E6%89%80%E6%B0%B4%E8%BB%8A%E6%B0%B4%E8%B7%AF%E8%B7%A1
「平安神宮神苑」の画像
http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Heian-jingu_shinen?uselang=ja

岡崎公園周辺のOpenStreetMapの作成成果
http://www.openstreetmap.org/#map=18/35.01340/135.78234

3班のフィールドワークで記録したGPSログ
(ダウンロード可能です)
https://www.openstreetmap.org/user/nissyyu/traces/1743823
(移動経路のトラックデータ)
https://www.dropbox.com/s/nl7zg8hw8gdez4d/point_2014-07-12.gpx
(さくら並木の樹木の位置データ)

4班のGPSログはこちらです. http://www.openstreetmap.org/user/tosihisa/traces/1743826

2班のGPSログです。
https://www.openstreetmap.org/user/every_road/traces/1743848
wikipedia の平安神宮と openstreetmap の平安神宮とを相互リンク

****************************************************************************

今回、魅力づくり協議会の藤井さんに大変お世話になり、

地域の知られざる歴史・文化情報を教えていただくことができました。
IMG_3420

そして、それをデジタル化、オープンデータ化する
という本イベントの目的が少し達成できたのではないかと思います。

岡崎地域の4グループでの現地調査の際に
現地をご案内していただきました
藤井さん、石川さん、竹中さん、是住さん、
ありがとうございました。

また、当日の運営準備、運営をお願いいたしました
オープンデータ京都実践会のみなさん、
「wikipedia」作成・編集作業をみなさんに教えていただいた
ベテラン ウィキペディアンのMiya Masaさん、Miya Yumikoさん
「OpenStreetMap」作成・編集作業を教えていただいた
OSMのベテラン オープンストリートマッパーのみなさん。

ウィキペディア作成・編集のために、文献資料をご用意してくださった京都の図書館、資料館関係者のみなさん。
ありがとうございました。

次回は8月30日(土)
京都市まちあるきオープンデータソン2014 vol.2
開催予定です。
是非、ご参加ください。
引き続き、よろしくお願いします。

 

 

 

広告